学科紹介

トップページ > 学科紹介 > 介護福祉科

介護福祉科

介護福祉科

介護福祉科
  • 日々の授業の積み重ねで、介護に必要な価値・知識・技術を身につけます。特に、現場に近い環境で体験できる技術演習の授業がたくさんあります。 また、現場で役立つものの考え方や文章力が身につく「基礎ゼミ」を設けています。
  • 30年以上の歴史を持つ本校は、福祉教育のリーダーとして、全国各地で卒業生が活躍しています。

要介護者のこころやからだに合わせた、きめ細やかな対応ができる知識と技術が身に付きます。
あわせて、相手の身になることの大切さや、人を尊ぶ気持ちに繋がる価値や倫理観を養います。
目標とする資格 ■専門士※ ■介護福祉士※ ■介護支援専門員(ケアマネジャー)※1 ■赤十字救急法救急員〈日本赤十字社公認〉※2 ■福祉住環境コーディネーター〈東京商工会議所〉※2

※:卒業時取得 ※1:介護福祉士の資格を取得した場合は、取得後実務経験5年で受験資格 ※2:講習の後、試験により取得

目指す職種 介護職員(ケアワーカー)/介護支援専門員(ケアマネジャー)
目指す職種 特別養護老人ホーム/介護老人保健施設/障害者支援施設/知的障害者施設/障害者自立支援法に定める施設/医療機関/訪問介護事業所/グループホーム/デイサービスセンター/福祉関連企業 など

先輩の声

私は小さい頃から祖父母と同居しており、お年寄りの方と関わることが多くありました。 そのため、一番近くで支えたいという願いが芽生え介護福祉士になることを決意しました。 江戸専は大学と併設されているため学ぶ環境や、専門的な設備も充実しています。 また、伝統と歴史ある福祉の学校で多くの卒業生が活躍されていて、経験豊かな先生方がいらっしゃる江戸専で自分の夢を実現したいと思い志願しました。

私がおすすめする授業は「生活支援技術」です。 この授業では利用者の気持ちを理解するために、実際に私たちが介護を体験します。 介助する側受ける側共に、安心・安楽に負担のない介助法、声かけ等を身につけていくことができます。 現場で多くの経験を積んだ先輩方からの体験談や講義一つ一つの介助法の根拠を学び、演習で実践していきます。 友達同士でアドバイスをし合い、楽しく介護技術を学ぶことができる授業です。

時間割

1限

9:10〜10:40

介護過程Ⅰ 生活支援技術Ⅰ 介護総合演習Ⅰ 介護の基本Ⅱ 人間関係と
コミュニケーション
2限

10:50〜12:20

介護の基本Ⅰ 生活支援技術Ⅰ 特設学生指導 生活支援技術Ⅱ こころとからだ
のしくみⅡ
3限

13:10〜14:40

基礎ゼミナールⅠ こころとからだ
のしくみⅠ
福祉と法 コミュニケーション
技術
4限

14:50〜16:20

発達と老化の
理解Ⅰ
認知症の
理解Ⅰ
社会の理解Ⅰ
5限

16:30〜18:00

公務員講座Ⅰ 公務員講座Ⅰ

※選択科目の取り方で時間割は変わります。
※土曜日には現場実習や講演会、一部の選択・必修科目が設定される場合があります。
※時間割は平成28年2月現在のものです。

授業の紹介

介護とは何か?利用するのはどんな人か?それを理解し、「尊厳の保持」や「自立支援」など、介護を支える考えを知ることで、どう支援するのかを学びます。

対人援助職の基本、コミュニケーションについて理解し、利用する人の状況に応じた対応を学びます。 介護福祉士に求められる様々なコミュニケーション技法を、演習を通して習得します。

講義で知った支援技術を、様々な生活場面を想定して、応用することで学びます。 自らの身体を使い、利用する人と介護福祉士双方の立場から体験します。

介護に必要なこころとからだのしくみを、人間の発達と老化、障害、認知症、そして心理、身体の構造や働きなどの視点から学びます。

  • イベント予約
  • 資料請求

  • アクセス
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー

イベント情報はこちらから